相澤紀子のドライフラワー作品や教室は?作り方動画や通販も調査!


2017年10月19日放送のプレバト

相澤紀子さんが出演されます。

相澤紀子さんフラワーデザイナーとして活躍されているのですが、

講習会などは毎回予約待ちになるほどの人気ぶりのようです!!(゚Д゚;)(すごい人気)

そんな予約待ちになるほどのドライフラワー作品画像

作り方動画などを発見しましたので

是非最後まで読んでいってみてくださいね^^

動画は記事最後にあります♪

スポンサーリンク




相澤紀子の経歴プロフィール!

名前:相澤紀子(あいざわとしこ)

生まれた年:1959年生まれ

出身地:神奈川県横浜市出身

職業:フラワーデザイナー

相澤紀子さんは横浜市出身の1959年生まれ。

現在フラワーデザイナーとして活躍されています。

経歴は、

1959年:子供を育てながらドライフラワーの資格を取得

1997年:本格的なドライフラワーショップスクール

「カントリーマム」をオープン

2005年 プリザーブド専用のアトリえをオープン

2008年:伊勢丹新宿店本館5Fに新ブランド「クリスタルドルチェ」を出店

2009年:東急百貨店たまプラーザ店専門店街2Fに、

プリザーブドフラワー、ドライフラワー、アーティフィシャルフラワーを

トータルでご提案するオリジナルフラワーショップ

「CountryMom」オープン
(引用元:http://www.countrymom.co.jp/greeting.html)

子育てをしながらという大変な状況の中でドライフラワーの

資格を取得されていて、本当にドライフラワーが

好きなんだろうなという相澤さんの想いが伝わってきますね。

人気が出るのも納得です(^◇^)
スポンサードリンク


ドライフラワーの作品は?


現在インスタ映えでブームが再来しつつある

ドライフラワー。そんな作品の画像を相澤さんの

インスタグラムから個人的に「いいな~(^^)」

と思うものをピックアップしてみましたので

ご覧ください♪

花絵アレンジ #プリザーブドフラワー #相澤紀子 #カントリーマム #花絵

カントリーマムさん(@countrymomstaff)がシェアした投稿 –



どの作品も色鮮やかで美しいですよね~^^

特に私が好きなのは真ん中のドライフラワーが

お気に入りです。小さいので友人のプレゼントにも

喜ばれそうな作品ですよね(#^.^#)

あなたはどの作品がお気に入りですか?

是非お気に入りを探してみてくださいね。(^^)

教室はある?

相澤さんのドライフラワーの教室でレッスンを

受けることもできるようです!

レッスンの内容は

シーズナルレッスン 1回/月

リース、スワッグ、花束、バスケットなどのアレンジを

季節の花や木の実を使って制作します。

10:30~12:30

受講料

花材費込・コーヒー付き 8,000円/回 (クリスマス制作のみ10,000円)

※12単位受講後に修了証発行、ディブロマ試験受験資格取得
(引用元:http://www.countrymom.co.jp/school_preserved.html#dry)

となっています。

場所は、たまプラーザ東急百貨店2Fノカントリーマムshop内

で開催されています!

この他にもイベント講習会や、

出張講習なども行われているようですね。

販売店舗や通販は?

販売店舗:たまプラーザ東急店(相澤紀子さんの経営するお店)

住所:神奈川県横浜市青葉区美しが岡1-7 東急百貨店2F

電話番号:045-903-2077

となっています。

ご自身のお店も持たれているようですね(゚Д゚;)

また通販については公式HP

から購入することができます^^

本を発見


相澤さんは何冊か本の出版もされていました。

そのなかから特に評判が良かったものをピックアップしてみました!



本の表紙からすでにおしゃれな感じが伝わってきますね^^

わざわざ教室までは行くつもりはないけれど、

「軽く勉強してみたいな~」

という方にはおすすめです。

ドライフラワーの作り方動画を発見!

ドライフラワーの作り方動画も発見しました。

動画はこちらから^^

動画内で相澤さん本人が解説されているので

とても分かりやすく、初心者の方にもおすすめですよ♪

まとめ!


ということで今回は

相澤紀子さんのドライフラワーについてまとめてみました♪

以前プレバトに初出演され反響のあった

消しゴムはんこ先生

の作品も可愛いデザインばかりで

素晴らしかったですよ!

これからも今以上に飛躍されていく事は間違いなしです(^^)

スポンサーリンク

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする