林志郎(道化師)の活動する病院やイベント場所は?家族や子供は?


9月4日20時から放送のハートネットTVに

道化師でクラウンシロップとして活動する林志郎さんについて

取り上げられますね。クラウンとは英語圏で道化師と呼ぶそうです!

林志郎さんは小児病棟で小児がんや

先天性の心疾患などで戦う子供たちを笑顔にする

活動を行われている素晴らしい方です。

今回はそんな林志郎さんについて

活動(出没)する病院やイベント場所はどこ?

家族や子供は?

など気になったことを記事にしてみました!

スポンサーリンク




林志郎(道化師)のプロフィール!

(出典先:https://www.facebook.com/shirou.syrup)

名前:林志郎(はやししろう)

生年月日:1978年2月2日(39歳)

在住:北九州市

仕事:消防施設の自営業

クラウン歴:7年

現在ボランティアで道化師(クラウンシロップ)として

小児がんで戦う子供たちに

笑顔と元気を与えている林志郎さん

彼が現れるたび病院内からは

子供たちの笑い声が飛び交うんだとか(#^.^#)

毎日不安でいっぱいの子供たちも

心安らぐひと時になっていることでしょうね。

そんな林志郎さんですが

実は小学1年生、6歳の頃

急性リンパ性白血病にかかっており

小児がん経験者の一人でもあります。


※急性リンパ性白血病とは

白血病(血液のがん)の一種のこと。

抗がん剤の影響で髪の毛が抜け落ちるなど

常に生命の危機と闘いながらの日々を送っていました。

科学治療などの辛い闘病生活の日々にも耐え、3年後には無事退院

そんな中、小学校では、

病気に理解のない子供たちからいじめを受け、

深く傷つき、悩んだことも。

さらに23歳の頃C型肝炎に見舞われます。

病気ばかりなる自分に、

「なんで自分だけこんな思いをしなければいけないんだろう」

とやり場のない怒りを伴い悩みます。

林志郎さんを変えたのは

小児がんを抱えた8歳の”こうちゃん”という

少年との出会いでした。

こうちゃんの純粋な反応を見て

クラウンのすばらしさに気づきます。

生きる希望を持ってほしいと、

林さん自らが道化師になることをこうちゃんに約束。

しかし、林さんが道化師の修業を終える前に、

少年は息を引き取りました。こうちゃんと出会って

3か月後のことでした。

約束を果たせず目標を見失いかけた林さんでしたが、

クラウンとしての自分を誰かが待っているかもしれない

いま病と向き合う子供たちを笑顔にすることはできると奮起。

(引用元:http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/program/index.html?id=201709042000)

その少年との出会い

現在の林志郎さんの源だったんですね。

その少年との約束、本当に果たせて良かったですね。

きっと、天国から笑ってくれているように思います^^

そんな経験を得て林志郎さんは現在、

小児がん経験者を繋ぐ事を目的とした非営利団体

九州沖縄広域小児がんネットワークQOL+クールプラス

の代表を務められています。

スポンサードリンク


林志郎(道化師)のイベントや出没する病院は?


イベント場所について調べてみたのですが

現在クラウンシップとしての

一般公開は行っていないようでした。

病院についても情報がなかったのですが

北九州市の小児がん病棟を

メインに活動されているのは間違いなさそうです。

林志郎(道化師)は結婚して家族や子供はいる?

林志郎さんには

2011年に結婚した妻と子供(息子さん)

がいらっしゃるようです。

妻は9歳年下で、3歳の頃悪性リンパ腫

と闘ってきた経験もあり

お互いよき理解者でもあるでしょうね!

息子さんの現在の年齢はおそらく5歳前後ではないか?

と思います。

林志郎(道化師)についてのまとめや思ったこと!

小学の頃から様々な病気と闘ってきた

林志郎さん

自身も白血病を患った経験があるということで

子供たちのつらい経験を痛いほど理解され

子供たちを笑顔にしたいという

林志郎さんの愛が人一倍伝わってきますね。

きっと多くの子供たちが林志郎さん

存在に助けらたことでしょう!

これからも子供たちの笑顔の為に

頑張ってほしいです(#^.^#)

心から応援しています。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする