平野美宇はなぜ強い?技術や速さとコーチや家族を調査してみた!

平野美宇さんの強さの秘密とはいったいどこにあるのでしょうか?

私個人的には現在の平野さんのコーチである中澤コーチの影響が大きいのではないか。

と思っています。

というのも、今まで平野さんのコーチを担当していた劉潔(リュウ・ジェ)コーチが

中澤鋭コーチに代わられました。

平野さんの強さの秘密は、これまでの卓球のスタイルを変えたということが

大きく関係しているんだと思います。

今回は、平野さんの強さの秘密を4つに分けて自分なりにまとめてみました!

スポンサーリンク




中澤鋭(るい)コーチのプロフィール

名前:中澤鋭(るい)

出身地:中国

勤務先:日本卓球協会

中澤コーチについて調べてみたものの、

あまり情報がなかったのですが、

出身地が中国の方ということです。

名前は「るい」と読むんですね。

ちなみに、中澤鋭コーチは、平野さんのコーチになる前までは、

石川佳純選手のコーチでもありました。

ここからは、平野さんが急成長した強さの秘密を

自分なりにまとめてみました!

強さの秘密1:フォアハンドの修正

平野さんの欠点は、

フォアファンドで強いボールが打てなかった

ようです。

中澤コーチは、そんな平野さんを見て、

フォアのスイングを修正したと言われています。

中澤コーチは平野さんの欠点を見抜き、

徹底的にその改善に努められたようです。

強さの秘密2:腰の重心を低くさせた

さらに、中澤コーチは、平野選手に

腰の重心を低くさせ、身体に軸を作るように

と指導していたようです。

重心を低くすることで、連続して強いボールが打てるように

なり、パワーをためることができるので

いつでも攻めの攻撃ができるようになったんだそうです。

平野さんも2~3回しか打てなかったフォア強打を連続して

打てるまでに改善されました。

平野さんは、リオオリンピックに落選したことをきっかけに

このままのやりかただとだめだと思い、

中澤コーチに、今までの卓球スタイルを変えたい。

と言ったそうです。

平野さんが急激に強くなり、成長した要因には

中澤コーチによる徹底的な体の使い方やフォームの見直しなどの

指導の影響があったのですね。

平野さん自身は今までとは違う体の使い方やフォームに

初めは不安も少しあったようなのですが、

これまでは、守備を重視した卓球スタイルから

見事、攻めのスタイルに変えることができたようですね。
スポンサードリンク


強さの秘密3:家族が卓球一族

平野さんの父親は、

筑波大学で卓球部のキャプテンをつとめ、

全日本選手権に出場された経験があるようです。

全日本選手権に出場される実力の持ち主ということで

かなり強かったようですね。。

また母親も、同じ筑波大学卓球部に所属されていて、

主将もつとめられていて

「全国教職員卓球大会」でベスト8入りを果たされているようです。

お母さんの方もかなり強かったんですね。。

さらに平野さんの妹二人も卓球経験があるということで、

まさに卓球家族ですね。

さらに、これまでに平野さんのお母さんは

平野さんに1度も卓球を強制したことはない

そうなんです。

強制されると嫌になってしまいますもんね^^;

もし本人の意思を尊重せず、卓球を強制させていたら、

卓球嫌いになってしまう可能性も大ですしね・・・。

平野さんの両親自身も卓球での素晴らしい実績があるからこそ、

平野さんの気持ちも理解できたのでしょう。

そんな最高の環境の乖で育ってきたことも

平野さんの強さの秘密のひとつと言えるでしょう。

強さの秘密4:吸収力

最後に、個人的思うことは、平野さんの吸収力

中澤コーチの言われたことを忠実に実践し、

努力を重ねられてきたのではないかな

と思っています。

そんな素直さや努力が実を結び大きな

成長につながったのではないでしょうか?

中澤コーチの言われたことを忠実に受け止め、

実践されていったのではないかな?

と思います。

まとめ

新しいコーチに変更になった

②徹底的な欠点の改善

③卓球家族

リオオリンピックで落選で

「もういいや」とあきらめの時期もあったようなのですが、

中澤コーチに代わり、

気持ちの切り替えができたことで

良いメンタル状態に持っていけたことや、

身体の使い方やフォームなどを変えた

ことがとても大きいのではないでしょうか。

また平野さんのお父さん、お母さん自身も

卓球で活躍されていた経験もあるということで

身近に素晴らしい指導者がいたことも

平野さんがここま急成長された大きな要因一つかもしれません。

そして今回の美宇さんアジア選手権優勝により海外の人にも

大きく名前を知られることとなりました。→海外の反応

スポンサーリンク

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする