飯尾彰浩の手巻きずしのレシピは?お酢の値段やお店の場所を調べた!


沸騰ワード10に手巻きずしで有名な飯尾彰浩さんが出演されます!

といっても、

「飯尾彰浩さんって誰だ?」

という人がほとんどではないでしょうか?

一般の方なのでそうなりますよね^^;

今回テレビ番組に出演されたのも初めてみたいなのですが

どうやらこの方の手巻きずしの味が絶品のようですね!

飯尾彰浩さんは全国で手巻きずしパーティーを開催されるほどの

手巻きずしの実力者!

いいな~、手巻きずし食べたくなってきた・・・。

今回はそんな飯尾彰浩さんについて

■飯尾彰浩さんのプロフィール


■手巻きずしのレシピは?

■手巻きずしのお酢の値段は?

■飯尾彰浩さんのお店【飯尾酒造】お店はどこにある?

などなど、調べてみました!

スポンサーリンク




飯尾彰浩さんのプロフィール



まずは簡単に、飯尾彰浩さんについてのプロフィール!

■名前:飯尾彰浩

■大学:東京農業大学大学院卒業

■職業:飯尾酒造5代目


飯尾彰浩の手巻きずしレシピ!

材料(3~4人分)

米 3合
富士手巻きすし酢、または富士すし酢 90ml

具材
海苔 適量(1/4に切る)
刺身 3~4人前
いくら 適量
ひきわり納豆 1パック
大葉 適量
きゅうり、みょうがなど季節の野菜 適量

作り方

1)すし飯用に米を3合炊く。
この時、水の量は混ぜ合わせる すし酢の分(米1合につき30ml)だけ減らすこと。
※新米の場合は、さらに1合につき15ml減らす。

2)具材を下ごしらえし、盛り付ける。

3)ご飯が炊きあがったら、飯切りかボウルに山形になるようにしてとる。
分量の富士手巻きすし酢(または富士すし酢)をまんべんなく回しかけて1分置く。

4)木杓子(きじゃくし)で切るように混ぜ合わせ、艶よいすし飯に仕上げる。

5)海苔にすし飯を適量広げ、お好みの具材を巻いて召し上がれ。
刺身は醤油に着けてから巻くと美味しいです。

(飯尾酒造HPより引用:https://www.iio-jozo.co.jp/recipe/268)

皆さんもぜひ挑戦してみては?^^


お酢の値段は?







手巻きずし酢360mlの値段は

¥1296円(税込み)でした!

普通のメーカーさんだと8時間から数日後で終わる発酵作業ですが

飯尾酒造では100日間かけて発酵するそうです!

無農薬でさらに時間と手間をかけて作られているんです。

作られた方の努力の結晶ですね~(>_<)

それを考えると1000円台は安い!



スポンサードリンク


飯尾彰浩産のお店のある場所は?


〒626-0052 京都府宮津市小田宿野373
電話:0772-25-0015

営業時間は、平日・土曜日ということなので、

日曜日はお休みのようです!

時間は、午前9時~12時 午後1時~5時となっています!

場所は宮津市!!

私もたま~にドライブで宮津には行きますが、

緑や自然が多くて良い場所ですよ!

「宮津には都会にはないものがなんでもある」

と農作業場所に選んだそうです。

私も都会と田舎どちらにも住んだ経験があるので

かなり気持ちがわかる気がします。

自然ってお金では変えられませんしね^^;

宮津の空気もとてもおいしいですよ~(#^.^#)


飯尾さとみさんと淳子さんの出版本





本も発見しました!

著者は、

飯尾酒造4代目
に嫁がれた飯尾さとみさん

飯尾酒造4代目長女・飯尾淳子さん。

飯尾彰浩さんにとってさとみさんはお母さん。

淳子さんは双子の妹だそうです!

家族皆で「飯尾酒造のお酢」を支えられているようです~!

本の内容は「お酢屋の麻婆豆腐」「お酢のドリンク」

などお酢を使ったレシピが詰まった1冊になっています。

興味のある方はぜひ一読してみては?!



この本に書いてあるレシピに沿って作ると、お酢の価値観が変わった!

という人も多く評判も高いようです♪

たしかに、【お酢】=【酸っぱい】ってイメージですよね~!

この本通り作ればお酢を使いこなせるようになる感じでしょうか?!(笑)

だとすると手放せなくなる1冊になること間違いないでしょうね(#^.^#)


飯尾彰浩さんの手巻きずしについてのまとめ!



■飯尾彰浩さんのいる飯尾酒造の場所は宮津!自然が多く空気もおいしい最高の場所です♪

■お酢の値段は1296円!

■手巻きずしをつくる際には、飯尾酒造のお酢がおすすめ!!

飯尾酒造では、見学などもできるようなので

これを機に宮津に足を運んでみてはいかがでしょうか?^^

きっと大好きな場所になりますよ~^^

ではご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする