甲斐扶佐義の美女の写真作品集やお店の場所は?経歴や写真展も!

写真
写真家の甲斐扶佐義さんがハートネットTVに出演されます。

甲斐さんは飲み屋を経営されているのですが

解散の飲み屋は京都の美女が集まるお店

としても知られています。

また美女だけでなく

街の人々の日常なども撮り続け40年になるそうです。

今回は、写真家・甲斐扶佐義さんの経歴やお店の場所

美女の写真や写真展の情報についてまとめてみました!

スポンサーリンク




甲斐扶佐義のプロフィールと経歴

名前  ;甲斐扶佐義(かいふさよし)

生年月日:1949年4月18日(68歳)

出身地 :大分市上野

甲斐扶佐義さんは1949年大分市で生まれます。

そして11歳の頃から写真を始めます。

1968年同志社大学政治学科入学、即除籍。

1972年ほんやら洞開店に貢献。

1977年写真集「京都出町」出版。

1978年米国エバーグリーン大学で写真展。

以降数年間で約20回鴨川べりで写っている人に

タダで上げる大規模な写真展開催。

1985年BAR八文字屋開店。

京都市経済局で商業診断の仕事にも従事。

90年代から約十年京都新聞紙上でフォト&エッセイを連載。

2001年より連続的に欧米各地で招待個展開催。

写真集は40冊以上出版。

2015年ほんやら洞全焼でモノクロネガ約200万コマ消失。
(引用元:http://kaifusayoshi.website/profile.html)

甲斐扶佐義のお店のある場所はどこ?


〒604-8015
京都市中京区木屋町通四条上ル鍋屋町209-3 木屋町岡本ビル3F

電話 075-256-1731

営業時間 pm 6:00頃~深夜

最寄り駅/阪急 河原町駅、京阪 祇園四条駅より徒歩3分
(引用元:http://www.honyarado-kai.com/hachimonjiya.html)

甲斐さんの経営するお店は、1985年開店の

京都の木屋町にあるバー「八文字屋」です。

びっくりしたのが、

店内は、本が乱雑に積み上げられていて、

あまり整理整頓がされていない^^;

美女が集まるお店ということで、

小奇麗なお店なのかな?と想像していたのですが

思ってた雰囲気とは違いびっくり(゚Д゚;)

しかし甲斐扶佐義さんらしさという感じが出ていて、

店内にもいい味がでてます(笑)

甲斐扶佐義さんはもともと

人と話すことが苦手だったようで、

カメラは自分を表現するかけがえのないものなんだそうです。

なので、この個性的な店内もまた

カメラと同じ甲斐扶佐義さんの

”表現の一つ”

なのかもしれません。

そこに魅力を感じられる人も多いでしょうね(#^.^#)

甲斐扶佐義の美女の写真集は?



こちらは甲斐扶佐義さんの出版する本の一枚です。

上記の楽天より購入できます。

とても綺麗な女性ですね。

この他にも14冊ほどの美女の写真集を出版されています。

美女の写真①

美女の写真②

美女の写真③

美女の写真④

1番目の女性は尼さんです。

2番目と4番目の人は大人な雰囲気を持った女性ですね。

3番目の女性、めちゃくちゃスタイルよすぎません(゚Д゚;)?

モデルとなっているのは、女子学生や主婦、

働く女性から海外の方まで本当に様々な人達です。

甲斐さんの写真の評判は

「内側から湧き出してくる根源的な

エネルギーを写し出そうとしている」
(引用元:http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/program/index.html?id=201707182000)

と高い評価を得ているようです。

スポンサードリンク


甲斐扶佐義の写真展は?

現在展覧会情報はありあせんでしたが、

こちらから

確認できますので、展覧会に興味のある方は

要チェックです。

甲斐扶佐義についてのまとめ!

いかがでしたでしょうか?

カメラマンと言えば本当にいろんなカメラマンがいますが

木造校舎カメラマンをきっかけに

自分の過去の不登校と向き合うカメラマンも面白いですよ~!

甲斐扶佐義さんの撮る写真は

本当に想いが伝わってくる

素晴らしい作品ばかりでした。

甲斐扶佐義さんのお店に訪れるのは美女のお客さんだけでなく

働くバイトの子たちも美人が多いんだそうですよ(#^.^#)

甲斐扶佐義さんにはなにか

人を惹きつける人徳のようなものが

あるのかもしれませんね。

これからもぜひ写真の世界で活躍していってほしいですね。

これからも応援しています(^^)

スポンサーリンク

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする