マツコ会議!デジタル漫画専門学校の先生の漫画作品やタイトルは?


2017年10月14日に放送されたマツコ会議で

デジタル漫画専門学校について

放送されていましたね!!

この学校ではルパン三世の作者、モンキー・パンチ先生など

多くの有名漫画家さんがデジタルを使い漫画作成されています!

ちなみに私の妹も漫画を描いているのですが

デジタルで書いています!

今回マツコ会議の中でも特に印象的だったのが

一番初めに出てきたデジタル漫画専門学校の先生。

マツコも何度か、先生うざい(笑)と言っていましたね

いい意味ですが(笑)

今回はそんなデジタル漫画専門学校の先生について

プロフィールや漫画作品について

しらべてみました!

スポンサーリンク




デジタル漫画専門学校の先生の名前は?

名前:渡辺大樹(本名かは不明)

生年月日:6月1日生まれ

血液型:O型

出身地:東京都

デジタル漫画専門学校の先生であり、

漫画家でもあります。

なんとwikipediaにも載っていました!!

(あまり情報はありませんでしたが^^;)

でも、すごいですよね。

wikipediaに載っていた

略歴についてはコチラ

1999年、第40回ちばてつや賞・一般部門にて佳作受賞。

2002年、第13回モーニングMANGA OPENにて大賞受賞。

2009年、『弾丸ドラッガー』を連載開始。
(引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%)

受賞作品や、連載もされており、

けっこうすごい人なのですね!

漫画作品は

「きゅぽかの」「弾丸ドラッガー」「リーマン・スカイハイ」

などになります!

スポンサードリンク


デジタル漫画専門学校の漫画作品

マツコ会議の番組内でも放送されていた

渡辺大樹さんの漫画作品がこちら

「きゅぽかの」

コチラはコメディ漫画のようで評判も結構よさげでした!

きゅぽかの、番組内でも内容を少し話されてましたが

結構面白そうですよね~(#^.^#)

絵のタッチもとても柔らかい感じで可愛いです。

 まとめ

今回のマツコ会議、先生も個性的でしたが、

生徒さんもめちゃくちゃ個性的な人が多くて

面白かったです!(笑)

とくに二人で漫画を描く男の子と女の子のやりとりも

面白かったです!

実は私も小さい頃漫画家になることが夢で

絵を描くのが大好きでした(#^.^#)

有名漫画家になるのは

本当に大変な道のりもおおいかもしれませんが

是非頑張ってほしいですね~!

スポンサーリンク

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする