長倉洋海の写真展や作品集は?結婚や家族や子供についても!

カメラ
2017年9月9日23時のETV特集

戦争地を撮り続ける写真家フォトジャーナリスト

長倉洋海(ひろみ)さんが出演されますね。

長倉洋海さん

アフガニスタンのヒンズークシ山脈パンシール峡谷

という場所の、とある小さな山の共学学校で

子供たちの成長する姿を写真に収め続けています。

30年もの記録映像を撮り続けた長倉洋海さんの作品

喜び溢れる子供たちドキュメンタリーとなっています。

スポンサーリンク




長倉洋海の経歴プロフィール

名前長倉洋海

生年月日:1952年10月26日

出身地:北海道姫路市出身

職業:日本の写真家

1952年、北海道釧路市生まれ。

京都での大学生時代は探検部に所属し、

手製筏による日本海漂流やアフガン遊牧民接触などの

探検行をする。1980年、勤めていた通信社を辞め、

フリーの写真家となる。以降、

世界の紛争地を精力的に取材する。

中でも,アフガニスタン抵抗運動の指導者

マスードやエルサルバドルの難民キャンプの

少女へスースを長いスパンで撮影し続ける。

(引用元:http://www.h-nagakura.net/profile.html)

現在は、支援の会を設けて、

約800人の会員から年会費や寄付金を集め

子供達の学校用品支給の為に支給されています。

長倉洋海の作品集は?

こちらは長倉洋海さんの写真作品集の一つです。

子供たちの笑顔を見ると長倉洋海さん

アフガンの子供たちからかなり親しまれているんだな~^^

という感じが伝わってくる

素敵な表紙になっています。

こちらもほっこり(#^.^#)

子供の写真1

アフガニスタンの山の学校で子供たちが勉強する風景です。

2つの机に寄り添って勉強する姿が可愛いです。

長倉洋海さん

「不安定な状況の中、未来を信じて

勉強する子どもの姿を知ってほしい」
(引用元:https://mainichi.jp/articles/20160823/k00/00e/040/172000c)

とおっしゃっていました。

そんな長倉洋海さんの優しい想いが伝わってくる

1枚となっていますね。

子供の写真2

そしてこちらはネパールに住む女の子。

「ナマステ」と挨拶をしている様子。

目がキラキラと輝いています^^

子供の写真3

こちらはアフガニスタン山の学校に通うの男の子です。

屈託な笑顔が本当に可愛い。

今回、私が気に入ったものをピックアップしてみました。

どの写真の子も目がキラキラ輝いていてとてもきれいな瞳ですね。

私も写真を撮ることが好きなのですが

改めて写真のすばらしさを感じました。

スポンサードリンク


長倉洋海の写真展について

2017年度は3月25日から5月14日まで東京写真美術館にて

山の学校の子供たちの写真も含んだ200点近くの作品がある

写真展が開かれていましたが

現在は写真展は開かれていないようでした。

次回写真展が開催される場合には公式HP、フェイスブックなどで

随時情報がアップされるみたいなので要チェックです。

長倉洋海さん写真展情報こちらから確認していただけます。

長倉洋海、結婚は?妻や子供など家族はいる?

長倉洋海さんは結婚されていて、家族がいるのかな?

と思い調べてみたところFacebookに

奥様らしき女性と一緒に撮られた写真を発見しました。

ですが、奥様か定かではなかったので

あいまいなところでした^^;

長倉洋海さんは1980年会社を退社後

フリーのフォトジャーナリストになってから

様々な国に足を運び写真を撮り続けてこられています。

ご結婚されていない可能性もあるので

今はお仕事に専念されているのかもしれませんね。

長倉洋海についてのまとめ

いかがでしたでしょうか?

長倉洋海さんの写真に映る子供たちの笑顔が

本当にキラキラしていて

長倉洋海さんでなければ撮れない写真なんだろうな。

という印象を受けました。

今回記事を書いたことにより

改めて写真のすばらしさに気づかせて頂きました。

これからも写真家としての活躍を期待しています(#^.^#)

そして心から応援しています。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする