オオシロカラカサタケの生えてる場所は?画像や症状も調査!


名古屋市の港区の公園で30代男性がオオシロカラカサタケ

焼いて食べ、食中毒となり病院に運ばれ

入院したという事件があったようですね。

場所は荒川公園のデイキャンプ場。

春には1000本もの桜並木、6月にはラベンダー園を見ることができる

友人や家族連れなどでにぎわう人気の公園です。

今回オオシロカラカサタケが生えていたのは

そんな人気スポット。

おそらくバーベキュー近くに生えていたのでしょうが

こんな安全な場所にそんな毒キノコが生えているとは(゚Д゚;)

子供連れのママさんたちからしたら

子供たちが口に入れてしまったらどうしようと

ちょっと怖いですよね。

主にオオシロカラカサタケの生えている場所(生息地)はどこなのか?


オオシロカラカサタケの画像は?


オオシロカラカサタケを食べた際に起きる症状や危険性は?

スポンサーリンク




オオシロカラカサタケの画像は?


(出展先:http://dokukinoko.e840.net/doku004.html)

大きさは成長過程によって様々あるようですね。

かさの大きさは大きいものだと25㎝まで成長するようです。

似たキノコもあり素人が見分けることは

なかなか難しい部分もあるようなので

決して危険のないように注意が必要です。

オオシロカラカサタケの生えてる場所(生息地)は?

オオシロカラカサタケの生えてる場所(生息地)

季節は春から秋にかけて。

草地などの肥沃な土壌に生息しているようです。

基本的には

●知らないキノコを発見しても触らない

●素人が図鑑などで勝手に判断しない

などの判断が必要です。

今回オオシロカラカサタケを食べた30代男性は

おそらく軽いノリだったと思われますが

食中毒に発展するとは思ってみなかったことでしょうね(゚Д゚;)

オオシロカラカサタケを食べる食中毒以外に

どんな症状が現れるのでしょうか?

しらべてみました!

スポンサードリンク


オオシロカラカサタケを食べたときの症状や危険性は?


オオシロカラカサタケを摂取すると

1地時間から3時間程度で腹痛、下痢、嘔吐

などの症状があらわれ、

さらに発熱、悪寒、頭痛、痙攣などの症状を

引き起こすことがあります。

オオシロカラカサタケに含まれる毒素は

非常に強く症状も激しいことがありますので注意が必要です。

(引用元:http://dokukinoko.e840.net/doku004.html)

オオシロカラカサタケを食べた際に起こる症状は食中毒以外にも

発熱、頭痛など風邪に似た症状を起こす場合があるようです。

なかには痙攣をおこすことも。。。

また強い毒性を持っており命の危機にさらされることもある

非常に危険なキノコです。

オオシロカラカサタケについてのまとめ!



こんな本も発見しちゃいました。

日本に生息する毒キノコを解説してくれる本(#^.^#)

本で毒キノコを見る分には楽しめるかも?

~ここからまとめ~

オオシロカラカサタケ、怖いですね。

怖いと言えば、こちらも本日名古屋中村区のマンション7階で起きた

立てこもり事件

犯人はなんとマンションに住む住人の可能性も?!

詳細は→コチラ

今回病院に運ばれて入院された30代男性は

無事命に別状はなかったようですが

運が悪ければ命の危険性もあるので

今回私自身も反面教師になりました。

(そもそもキノコ嫌いだから食べないけど(笑))

本当に気を付けたいですね。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする