20代女子が雑貨屋さんでバイトしてみた体験談!仕事内容・時給・人間関係など!

雑貨屋さんのバイトをやってみようか迷っている。

雑貨屋さんは楽なイメージがあるけど

実際、どうなのか?

雰囲気はどんな感じ?

きついことや辛いことは?

向いている人やむいていない人は?

などなど

自分が経験したことのないバイトを始める時って

わからないことだらけですよね。

そこで、少しでもお役に立てればいいな。

と思って雑貨屋で現役にアルバイト中の私が

体験したことを書いていこうかと思います!

スポンサーリンク




仕事内容は?



実際に雑貨屋さんって何の仕事をするのか?

という部分が一番気になりますよね~!

まず、雑貨屋さんでは

●レジ業務
●商品包装
●商品整理
●返品作業
●値段貼り
●検品作業
●開店業務・閉店業務
●ポップを書く



ざっと上げましたが、

この他にも、やらなければいけないことがたくさんあります。

では、1つ1つ業務内容を見ていきましょう。


レジ業務



雑貨屋さんでメインの仕事となるレジ業務。

とにかく覚えることが多く、細かい作業がいります。

接客やレジ操作が苦手な人には苦痛になるかも。。。



その内容は



・料金を取り扱う。

・料金のほかにもクレジットカードの対応。

・電子マネーの対応。

・商品券の対応。

・割引券の対応。

・靴下など、単品で売ることができない商品もあるので、商品を覚える。

(お客さんがその商品を単品で持って来られる場合もあるので、

単品では売れない旨をきっちり説明する)

・値札が貼ってない商品をもってこられたら、

専用のファイルからその商品を見つけ出し、

ファイルから同じ商品を見つけ出し、

ファイルに記載されているバーコードを通す。

・メンバーズカードの有効期限が切れていれば、

お客様に更新をどうされるか尋ね、作業を行う。

などなど。

これはほんの一部なので、



お店によって差はあると思いますが

私のお店では、覚えることがたくさんあります。。。

記憶力が悪い人はガンバってメモをとりましょう!


商品包装・ラッピング業務



商品包装とは・・・

お客さんから「プレゼント包装をお願いします」

と言われた時に、

商品を、プレゼント用の袋に入れ、ラッピングをします。



私のお店では、

・袋に入れてプレゼント包装をする

場合と、

・紙でプレゼントを包む。

という2種類の方法があります。



紙で包む商品包装は、プレゼント商品を綺麗にシワなく包まないといけませんので

慣れるまでコツが要りますし、手こずります。

不器用な人は苦戦するので、

慣れるまで時間がかかるかも。



器用な人はすぐにできるようになります。


簡単・商品整理



お客さんが商品に触れた後、商品がみだれている場合があります。

それらをきれいに並べ治す作業。

これは誰でもすぐできる単純作業なので簡単です。


返品作業



返品作業は、お客さんがレギンスなどを購入されたあと、

サイズが合わず、履けないこともあるので、

商品を返品をしたい。というお客さんも多いです。

私のお店では試着室がなかったので、

レギンスの返品を希望される方が多かったです。



返品作業は、

お客様から商品とレシートを受け取り、

レジで返品の操作をして、

お客さんにお金を返金します。


値札貼り



割引対象の商品に対して、値札の上に、

割引されたシールを貼っていきます。

こちらは単純作業になります。


検品作業



検品作業は、発注先の会社から、

配送されてきた商品を段ボールから出し、

伝票の商品と、送られてきた商品の数があっているか

一つ一つチェックします

なかには、伝票に書いてある商品の数や、値段が

送られてきたものと違う場合もあり、

正確さが重要なため、

雑な人には向いていないかもしれません。


開店作業と閉店作業



私のお店では開店作業、閉店作業は、基本的に一人で行います。

覚えるまではやらなければいけないことが多いですし、

正確さも必要です。



全て一人でやらなくてはいけないので初心者の頃の私は、

「本当にこんなの一人でできるようになるのかな?」

と不安になりましたが、

何度か作業を繰り返していくと、いつの間にかできるようになりました。



物覚えの悪い人はメモをしっかり取り、

何度も、見直して、叩き込むことがポイントです。


仕事量は少ない



私のお店では、覚えることはたくさんありましたが、

入ってまだまだ未熟な一番下っ端ということもあり、

店長比べると、仕事量は少なかったです。



覚えることは本当にたくさんありますが、

仕事量に追われて、大変!!

お客さんがレジの前で長蛇の列!!

ということもほとんどなく、



基本的にはやることも少なく、

暇なことが多かったです。





なので、店長や先輩からの指示を待つか、

今まで自分がやったことのある仕事のなかから

自分で仕事を見つけ出さなければいけません。

私の場合商品整理

掃除など行うようにしています。

スポンサードリンク



平均時給は800円~



私の雑貨屋さんは時給830円です。

今までいろんなところで働いてきたけど、仕事内容に対しては

妥当な時給なんじゃないでしょうか?(‘◇’)ゞ



都会にであれば、800円~1000円のところもあるみたいですが

あまり、大差はないようですね。




体力はあまりいらない



雑貨屋さんでは

動き回ったり、重い荷物を運んだりという作業があまりないので、



雑貨屋さんでは体力はいりません。



ただ入社したばかりの頃は、

ずっと立ちっぱなしでの作業だったので、

筋肉痛になりました。^^;

私は、普段の生活で立ち続けることってなかったので。



ただ数週間もすると、

ずっと立ちっぱなしでいることにも

慣れてきます!

足は疲れますが^^;


責任感のいる仕事



雑貨屋さんの仕事は意外にも責任感がいる仕事だと思います。

レジ操作やある程度の作業を一人でできるようになると

朝の2時間の間など、(暇な時間帯に)一人で入らなければいけないこともあります。



ある程度作業はできるようになっても1人でレジにはいったことのない

初心者の人からすれば、万が一何か、トラブルがあった時は怖いですね^^;

私の職場は10時~12時まで1人



当たり前のことなのですが、自分1人しかいないわけなので、

朝の遅刻も絶対にできません(゚Д゚;)恐ろしい。。



とくに一人の時には早め早めの行動をしましょう!



目覚まし時計が必須!


人間関係は良好(私の職場の場合)



それぞれのお店によるかとは思いますが、

私の職場での人間関係は良好でありがたい職場環境です。

従業員同士悪口を言う人もいないし、

まず店長がいい人なので、そこも大きいかもしれません。



人数も全員で4人と少人数なのも関係あるのかも。



それに居酒屋のようにバリバリ働くぞ!!

っていう感じの人は少なくて、

どちらかというと、

のんびりとした人が多い

ので、

早い作業が苦手な人には雑貨屋さんは向いているかもしれません


暇なときは精神的にきつい



精神的に唯一きついのが、

暇なときは本当に暇!!

なところです。



お昼過ぎにお客さんが増えて、

ピークに達する飲食業とは違って



雑貨屋さんには、そのピーク時、というものがありません^^;

土日と年末年始やイベントの日を除いては、

常に安定の暇さを保っています(笑)

またいつお客さんに声をかけられるかも

わかりません。



暇だけど常に気が抜けないので、苦痛な人は本当に苦痛(´・ω・`)



ぼ~っとしてても怒られちゃいますしね(´・ω・`)



常に気をはっておかなければいけないので、

雑貨屋さんは楽で楽しそう。というイメージとは違います。


雑貨屋さんのバイトに向いている人



雑貨屋さんのバイトに向いている人は

・細かい作業が好きな人。

・雑貨が好きな人。

・居酒屋のようなスピード重視の仕事が苦手な人



雑貨屋さんに向いていない人は

・とにかく何もやることがなく、暇なのが精神的に苦痛!!

・手が不器用で細かい作業が苦手。

・レジ打ちが苦手。

・雑貨屋さんを楽だと思っている人。



などでしょうか?



今回の情報がお役に立てればうれしいです♪

ご覧いただきありがとうございました!









スポンサードリンク


スポンサーリンク

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする