佐喜眞保は義肢装具士!経歴やCBブレースの値段は?年収や家族も


2017年10月12日放送のアンビリバボーで「奇跡の装具を作った男」として

義肢装具士佐喜眞保さんという方が出演されます。

これまで佐喜眞保さんが独自に開発した

CBブレースという装具

今まで歩けなかった人が歩けるようになったんだそうです。

これまでに「文部科学大臣賞」や「ものづくり日本大賞」

を受賞されています。

独自の開発により、様々な人に勇気や希望を与えてこられた

本当にすごい方です。

今回はそんなCBブレースの生みの親、

佐喜眞保さんについて

経歴プロフィール義足装具の値段

工場場所年収などについて調べてみました!

スポンサーリンク




佐喜眞保(義肢装具士)の経歴プロフィール!

名前:佐喜眞保(さきま たもつ)

出身地:沖縄県出身

職業:義肢装具士

佐喜眞保さんの苗字は「さきま」と読みます。

珍しい苗字だな~と思っていたのですが

沖縄出身のようで、どうりで珍しい名前なわけですね^^

佐喜眞さんは中学卒業後、定時制高校に入学、

その後自主退学されています。

親戚に預けられることになっていたそうなのですが

逃げ出し、北海道へ向かいます。

とうとう所持金もつき、駅近くにあった鉄工所

で働くことになります。

今は様々な人に希望と勇気を与えている佐喜眞保さんですが

実は本人自身も幼いころ、結核性脊椎カリエスを患い、

障がいと向き合ってこられました。

当時は、障がいが原因で友達と遊べず寂しい思いをされたりなど

壮絶なコンプレックスとの闘いだったようです。

今でもコンプレックスは消えないそうです。


電子書籍ですが佐喜眞保さんの著書も発見しました!!

佐喜眞保のCBブレースの値段は?

CBブレースの値段が気になり調べてみたところ、

公式HPには

CBブレースはお客さまの症例に合わせて、

職人がひとつひとつ丁寧に手作りで製作しております。

このことから、ホームページ上では金額を明示することができません。

なにとぞご理解ください。

とのことでした。一つ一つが手作りなため

金額は非公開とのことです。

丁寧に造られている

職人さんたちの想いが伝わってきますね。

話が変わりますが

以前ハートネットという番組に出演していた

心文字アーティストのこの方

の作品も素晴らしいですよ。

この方は障がいがありながらも

”できる”ことだけに目を向ける前向きな姿が素晴らしいんです、

番組でも反響を呼びました。

スポンサードリンク


佐喜眞保の工場の場所はどこ?



会社名:株式会社佐喜眞義肢 (本社)

住所:〒904‐1201 沖縄県国頭郡金武街金武10914

電話番号:098‐983‐2577

アクセス:タクシー・車

那覇空港から

一般道利用で約1時間15分

一般道から沖縄自動車道「豊見城・名嘉地IC」乗車

「金武IC」下車、一般道を経て約50分

沖縄県全域から

一般道から沖縄自動車道「金武IC」下車

一般道を経て約10分
(引用元:http://www.cb-sakima.jp/company/branch-index)


会社の場所は、佐喜眞さんの出身地である沖縄にあります。

沖縄は車がないと大変と聞いたことがあるので

アクセスは車かタクシーを利用した方がよさそうですね。

佐喜眞保の家族は?

佐喜眞保さんにはマチ子さんという妻がいらっしゃいます。

奥様は、佐喜眞さんが北海道に来て初めて

働いた鉄工所の社長の娘さんです。

のちに佐喜眞保さんの人生を変える

なんだか運命的な出会いですよね^^

義肢装具士の年収は?

佐喜眞保さん義肢装具士のお仕事の年収はどれくらいなのか?

気になったので調べてみたところ・・・

義肢装具士というのは、はっきりいって技術職になります。

非常に高い専門性が必要になるわけですが、

では義肢装具士は給料がかなりもらうことができるのか、

というばそんなことはないです。

平均年収でいえは350万円以上500万円未満になります。
(引用元:https://mayonez.jp/topic/5304)

ということでした。

佐喜眞保さんアンビリバボーにも出演されるなど、

義肢装具士としては素晴らしい腕の持ち主だと思いますので

年収400万円以上はあるのかな?と推測しています。

(※あくまで予想ですのでご了承下さい。)

佐喜眞保についてのまとめ!

様々な人に勇気を与えてきた佐喜眞保さん

過去にはご自身も結核性脊椎カリエスという

障がいを抱えてこられたようですが

だからこそ、今の佐喜眞保さんがあるのでしょうね(#^.^#)

これからも、ご活躍を心から応援しています。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする