丹野智文の結婚や大学は?妻や家族と職業についても調べた!


2017年9月16日放送ETV特集

「認知症とともに よく生きるた旅へ」に

丹野智文さんが出演されますね。

丹野さんは若くして

若年性アルツハイマー型認知症と診断された一人です。

今回丹野智文さんにスポットを当てた記事を

書いていこうと思います!

スポンサーリンク




丹野智文のプロフィール

名前丹野智文

生まれた年:1974年生まれ

出身地:宮城県生まれ

丹野智文さんは1974年生まれの42歳です。(2017年現在)

仙台市にある東北学院大学を卒業され、

その後自動車販売会社に就職します。

会社はネッツトヨタ仙台という

日本の大手自動車メーカーのトヨタ系列だそうです。

トヨタはCMなどでもよく見る大手企業ですよね!

その会社でセールスマンとして活躍されていました。

営業成績は店内トップを走っていたそうで、

県内でも一番を取るほどの実力の持ち主!

私も営業職経験者でなかなかうまくいかない

大変さを知っているのでその中でトップとして

活躍されていたとは本当に素晴らしいと思います。

相当コミュニケーション能力が

高い方なんでしょうね(゚Д゚;)

仕事も順風満帆に過ごす中で

2009年語呂から記憶力が落ちていることに気が付きます。

営業職ということで最初は「ストレスや疲れがたまっているのかな。」

としか思わなかったそうなのですが

ある日一緒に働く仕事仲間の名前すら

思い出せない状態にまでになっていました。

それをきっかけに自分自身の異変に気が付き、

クリニックを受診し、2013年39歳の時に

”若年性アルツハイマー型認知症”の診断を受けます。

診断を受け、「これでクビになるのではないか」

という不安が襲います。

その後社長に病気のことを話すと

「戻ってきなさい。体は動くんだろう?

仕事は何でもあるから」との言葉でした。

思わぬ返答で、本当に嬉しかったですね。
(引用元:http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/15/238739/120900098/)

と言われたそうです。

良い社長さんで本当によかったですね。

きっと丹野さんが真面目に働いて会社からも

熱い信頼を得ているからこそなんでしょうね。

丹野智文結婚は?

丹野さんは現在結婚はされています。

丹野智文の妻や家族は?

同じ年齢の妻(42歳)

二人の娘さんがいらっしゃいます。

2013年時点で小学生、中学生ということだったので

現在娘さんは中学生と

高校もしくは大学生だろうと思われます。

スポンサードリンク


丹野智文の職業は?

現在は、病気になる前から働いていた会社で

営業職から人事グループへ移動され、

社員の出勤簿の確認や退職金の計算、

ガソリン集計、

確定拠出年金の処理など、

事務職のお仕事をこなされています。

分からないことや忘れてしまったことはすぐ

周囲の人たちに聞くようにしているようで

アルツハイマーを患いながらも

ミスが少ないのも、丹野さんの素直さが

武器となっているんでしょう。

さらに現在は、”おれんじドア”という名前で

認知症と診断され不安になっている方を勇気づけるための

相談窓口も立ち上げられています。

【日 時】毎月第4土曜日

2017年   4月22日(土)  14:00~16:00

2017年   5月27日(土)  14:00~16:00

2017年   6月24日(土)  14:00~16:00

2017年   7月22日(土)  14:00~16:00

【会 場】

東北福祉大学ステーションキャンパス3F「ステーションカフェ」

981-8523 宮城県仙台市青葉区国見1丁目191

JR仙山線 東北福祉大駅前。

【問い合わせ先】

070-5477-0718

月~金の10時~15

(引用元:https://miyagininntishou.jimdo.com/%E3%81%8A%E3%82%8C%E3%82%93%E3%81%98%E3%83%89%E3%82%A2/)

勇気を出して一度相談窓口で

相談すると気持ちが楽になりそうですね。

丹野智文についてのまとめ

いかがでしたでしょうか。

若くしてアルツハイマーにかかってしまうと

どうしても物忘れの激しい自分やみじめな自分に

目が行きがちですが

丹野智文さんを見ていると記憶力が低下しても

逆に生き生きとしているようにもみえ

楽しく生きられている姿を感じられました。

私も物覚えが悪く記憶力もあまりよろしくないので

丹野智文さん
を見ているとすごく元気づけられました^^

これからも様々な活動を頑張っていってほしいですね。

心から応援しています。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする