吉岡健太郎の保育園の場所や年収は?評判や転職理由についても!


人生デザインU-29に吉岡健太郎さんが開園している

”富丘ニンニン保育園”について特集されます!

実は吉岡健太郎さんは元スノーボーダー選手というすごい経歴を持った人物なんです。

今回はそんな吉岡健太郎さんについての

★富丘ニンニン保育園の場所は?

★吉岡健太郎さんの年収は?

★富丘ニンニン保育園の評判は?

★吉岡健太郎さんがスノーボードから保育園経営に転職した理由は?

スポンサーリンク




吉岡健太郎のプロフィールや経歴!

名前:吉岡健太郎

生年月日:1988年9月27日

出身地:北海道上富良野町

ニンニン保育園の場所


住所:〒006-0012 北海道札幌市手稲区富丘2条2丁目10番18

電話番号:011-311-0022

保育園時間:7:00~8:00

休園日:日祝と年末年始

平成28年4月に開園したばかりの富丘ニンニン保育園。

場所は北海道札幌市にあります。

生後5か月から3歳未満の子を対象としている

小規模保育園になっているようですね。

子供たちものびのびと遊んでいる様子が伝わってきて

ほっこりします(#^.^#)

吉岡健太郎の年収は?

保育園の1か月の収入は補助金+保険料で

330万円ということでした!

◆消耗品に20万

◆設備維持費に25万

◆人件費に160万

かかるようです。

スポンサードリンク


吉岡健太郎の富丘ニンニン保育園の評判や口コミは?

小規模ならではの、

細やかな心配りが園内の遊具や食事面等に感じられ、

とても感激しております。

安心して子供を預ける事が出来ます。

(引用元:https://www.facebook.com/pg/tomioka22/reviews/)

Facebookのコメント欄より一部抜粋させていただいたのですが

細やかな心配りや食事面などがとても

しっかりしているんだな~というのが伝わっくる評価ですね!

またどの評価も★5つ

と評判のいいものばかりでした。

スノーボード同様”保育園でも日本一!”を目指されているだけあって

とにかく子供達の笑顔

子供たちが楽しめる環境作りを一番に考えて行動されていて

保育園にも熱い思いをもって経営されているみたいです(#^.^#)

小規模保育園とはいえ、やはり安心して大事な子供を

保育園に通わせるために心配りは大切ですし、

信用して我が子を預けることができるでしょうね♪

これだ!と思ったら迷わず一直線に突き進むという吉岡健太郎さん。

そういった性格もあり保育士と意見が合わず

うまくいかないこともあるみたいです^^;

吉岡健太郎が転職した理由は?

吉岡健太郎さんは2014年開催のソチオリンピックに落選します。

最大の目標であったソチオリンピックに落選したことにより引退を決意します。

本人曰くスノーボードとして活躍していた頃

チャラチャラしていた印象を持たれることもあったようで

そういった印象を覆して、”見返してやる”

という思いで、引退後はスノーボードとは全く違う業種の

保育園経営という道を歩みます。

吉岡健太郎さんはもともと子供が好きだったというだけあ

待機児童問題を知り、現状を知ります。

そして「施設を作ればいいじゃん」という結論に至ったそうです。

また保育を通してスポーツの素晴らしさを伝えたい

という強い思いもあるようです^^

吉岡健太郎の富丘ニンニン保育園についてのまとめ!

吉岡健太郎さんのように

何か目標に向かって頑張っている人はキラキラとしていてかっこいいです!

是非保育園でも日本一を目指して頑張ってほしいですね。

これからも応援しています♪

スポンサーリンク

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする