湯上輝彦(ギタリスト)の経歴は?コンサート動画や妻や子供は?

ギター
ハートネットTV

片腕ギタリスト湯上輝彦さんが出演されますね!

湯上輝彦さんは脳卒中の後遺症により、

片腕のみしか使うことができず、片手のみでギターを演奏されている

すごい人です。

ほとんどの方が湯上さんをご存知ないかもしれませんね。

私もギターや音楽が好きで

音楽学校にも通っていたのですが

ギターの難しさを知っているからこそ、

片手のみでギターを弾こうという

発想にはほんとに驚きました。

ギターを知り尽くしたプロにしかできない技だな・・・と(>_<)

ということで今回は

湯上輝彦さんの経歴

コンサート動画、妻や子供など家族はいらっしゃるか?

などについて記事を書いてみました!

スポンサーリンク




ギタリスト湯上輝彦のプロフィール

ギター
※これは私のアコギ↑

名前  :湯上輝彦

生年月日:1976年1月10日

出身地 :宮崎県宮崎市

湯上輝彦さんは、1976年1月10日生まれの41歳

出身は宮崎県宮崎市のようですね。

現在は東京に在住されていて

出没地は主に

八王子 渋谷 新宿 新小岩

(引用元:http://profile.ameba.jp/yugamusic/)

にいらっしゃるようですよ!

ギタリスト湯上輝彦の経歴は?

13歳からギターを始め、

様々なジャンルの音楽に取り組み、

2011年にSURE SHOTを立ち上げる。

映像クリエイター 監督・動画編集も手掛け、

ミュージシャン&映像クリエイター として幅広い分野で活躍。

2012年10月19日、脳出血により倒れ病院に搬送されるも一命を取り留める。

半年入院の入院で、右半身麻痺・失語症が残るが、

右足は自分で立って歩けるまでに回復し、失語症も回復。

右腕がまだ動かないものの、またギターを弾くためにリハビリ中

片腕のギタリストとして新しいプレイを模索 新たに歩き出す

(引用元:湯上さん公式HP:https://yugamusic.jimdo.com/profile-1/)

ギターを13歳から始められたことをきっかけに

湯上さんのギター人生がスタートされたようです!

私も音楽が大好きで、

中学の頃から気が向いたときに

独学でギターを触っているのですが、

湯上さんほどはうまく弾けないので、

音楽で輝いている湯上さんを見ていると

ほんとに羨ましいです。

2011年、湯上さんが35歳あたりに

「SURE SHOT」というバンドグループを立ち上げられ、

ギター以外にも動画編集や映像クリエイターとしても活動されます。

しかしそんな順調な音楽活動のなか、

2012年に「脳出血」。

右半身麻痺と失語症を患います。

ギタリストにとって右半身が使えなくなるという経験は

本当につらい思いをされたことだと思います。

もし自分の右手が使えなくなってしまったら

出来ないことばかりを上げてしまって、

ギターや音楽をきっぱとと諦めてしまいそう。

そういったことを考えると

「湯上さんは本当にギターが好きなんだろうな」

という思いが全身から、にじみえてきます。

ギターは湯上さんの人生そのものなのかもしれませんね。

そういえば私が以前記事を書いたこの方

もある病気で、麻痺して手が使えませんが

口で文字を書く今私が注目しているすごい人です。

人柄もおおらかで雰囲気にも癒されました。

ギタリスト湯上輝彦のバンド名は?

湯上輝彦さんが過去組まれていた

バンドの名前は「SURE SHOT」と言います。

CDを出されたり、よくライブも行われていたようです!

スポンサードリンク


ギタリスト湯上輝彦の妻や子供について

湯上さんのSNSを確認したところ

現在結婚はされていません。

もちろんお子様もいらっしゃらないと思います。

好きな女性のタイプは「スザンヌさん」ということです^^

スザンヌさん私も個人的に好きなのでわかります!

ギタリスト湯上輝彦のコンサート動画は?

湯上輝彦さんのコンサート動画はこちらから

ギターを優しく奏でる感じが伝わってきて

とても素敵な演奏です・・・。

音が響き渡る感じがいいですし

心にじ~んとしみわたってきました。

ギタリスト湯上輝彦のCDの販売について

湯上輝彦さんの自身の公式HPには

湯上輝彦さんのバンドグループである

「SURE SHOT」のCDがありました。

定価は1000円~2200円ほど。

販売ページではなくCDの紹介だけだったので

CDについてのお問い合わせは

湯上さんと直接コンタクトのとれるコンタクトフォームから

直接お問い合わせてみると、購入できるかもしれませんね。

ギタリスト湯上輝彦についてのまとめ!




いかがでしたでしょうか?

私も記事を書いていて、

ギタリスト湯川輝彦さんから学ぶことがたくさんありそうです。

私もギターを弾く際は

中学生でカフェを開いたというこの方のように

「できない」理由を探すのではなく「できる」理由を探しつつ

練習していきたいと思いました。

また、湯川輝彦さんがギターを弾く度に

魂も感じられ、すごく思いが思いのこもった演奏をされているのが伝わってきました。

これからもギター人生輝かせていってほしいです♪

スポンサーリンク

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする